FUNSET OF ART ファンセットオブアート / IDG抜染コーデュロイベレー

funset of art

  • funset of art
  • funset of art
  • funset of art
  • funset of art
  • funset of art
  • funset of art
  • funset of art
  • funset of art

  • funset of art
  • funset of art

FUNSET OF ART ファンセットオブアート
IDG抜染コーデュロイベレー

冬の夜空に舞い散る雪のような、繊細で落ち着きのある抜染コーデュロイを使用したベレー帽。

暖かみのある太畝コーデュロイ。 インディゴの生地から色を抜く”抜染”という技法で染められた生地をパッチワークしています。 柄は4種類あり、どれもが繊細できれいな仕上がりに。 可愛らしさもあり上品にも見せる、そしてどこか作業着的でもあり、4種類の生地が絶妙なバランスで組み合わされ、様々な表情を見せてくれます。

革のベルトでサイズ感を調節して頂けますので、縁の部分を少し中に折ってふわりと丸みを帯びさせたり、そのまま後ろにずらし気味にかぶったりと様々なかぶり方をお楽しみいただけます。

内周 -62.0cm

商品について、ご不明点等ありましたら、お気軽にメールもしくはお電話にてお問い合わせ下さい。

また、在庫表でSOLD OUTになっている場合でも在庫を確認致しますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

color : indigo

FUNSET OF ART ファンセットオブアート / IDG抜染コーデュロイベレー

価格:

13,824円 (税込)

購入数:
sold out
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

FUNSET OF ART ファンセットオブアート

10代の頃、愛着を持って着ていたのは全て古着だった。 ほつれたり、穴があいてしまったボロボロのデニムを自分で直し、 そのヘタクソなリペア痕が味わいとなって積み重なっていった。 いつからか自分で洋服を作るようになり、 始めたばかりの頃の見よう見まねで作ったジーンズは、 ステッチはガタガタでパターンもブサイクだったけれど、なぜだか気に入っていた。

ボロジュアリー

そんな言葉がよぎった。 僕が着たいと思う洋服は、ラグジュアリーではなく、単なるボロでもなく、 愛情を持って着たくなる服。 繰り返し直して着続けることが僕にとっての贅沢。 自分だけのワードローブ。

直して使う

それは古来から日本人が持っていた感覚。 例えば刺し子のように、何度も何度も直して使われ続けてきた古布は、 なんとも言えない深い味わいをたたえ、そこに価値が生まれている。 僕たちには直して使う文化が根付いている。 そこに美しさを見いだす完成を備えている。

FUNSET OF ART

着た瞬間からしっくりとなじむ心地よさを備えた洋服。 まるで当然のようにあるダメージやリペアが生む表情を楽しんでもらいたい。 あの頃を思い出しながら、そして新しい感性を育む工夫を凝らしながら、 FUNSET OF ARTのコレクションは創り出されています。

ページトップへ